結婚相談所で相手に上手にお断りする方法とは

結婚相談所を利用すると、異性と実際に合うこともあるでしょう。お見合いをすることになるわけです。

 

そのお見合いで気をつけて欲しいのが、断り方です。

 

自分が気に入らなかったからといって、その後に音信不通にしてしまうのはあまり良い事ではありません。

 

正しいお断りの方法、といったものが有るのでお教えしますね。

 

 

 

■結婚相談所に断る旨をお伝えしてもらう

 

・婚活コンサルタントに話を通してもらうこと

 

お見合いをしてフィーリングが合わない、といったことはありがちなところでもあります。

 

そんな時に直接相手に断りを自分で入れてしまうと、色々と理由を聞かれてしまったり、問題がこじれてしまうこともあるのです。

 

相手のプライドを傷つけてしまうことにもなりかねません。

 

結婚相談所を利用している時に断りを入れる場合には、基本的に婚活コンサルタントを通すのが筋、となります。

 

婚活コンサルタントからお相手の婚活コンサルタントに話がいき、そこでお伝えされることになります。

 

自身が直接断りを入れなければならないわけではありません。

 

業者に任せておけば、やんわりと相手に伝えてくれるので心配はありませんよ。

 

そもそも、結婚相談所のスタッフはお断りの仕方も心得ているので、相手を嫌な気分にさせる心配もありません。

 

ただし、問題はお見合いをしてから、何度かデートを一緒にした後に断りを入れる時だと想います。

 

連絡先も交換しあっている状態なので、断り方が大事になります。

 

 

 

■自分でお断りをするのが筋となる

 

・プライベートなことなのでお断りは一任される

 

業者にお願いしたいところかもしれませんが、デートを行ってからお断りとなると、さすがに業者に全ておまかせは出来ません。

 

中には音信不通にして、相手と連絡を取らなくなってしまうケースも有ります。

 

しかし、連絡がとれなくなったことを相手の方が心配して結婚相談所に連絡をしてお話がこじれてしまうケースも有ります。

 

 

・おすすめの断り方法とは?

 

自分に非があるようなお断りの方法がベターです。

 

ただ、どんな断り方であったとしても、少なからず相手を傷つけてしまうことは考えられます。

 

断る時は慎重に考えて下さい。

 

メールでお断りの意思を伝えるのもひとつの方法です。

 

実際に合わなければ失礼になるのでは、と思うかもしれません。

 

しかし、トラブルを避けるためには、メールや電話といったもので済ませてしまうのもおすすめなのです。

 

もちろんトラブルに関しては、お相手にもよる部分が大きいことは確かですが。

結婚相談所でよくあるトラブルの例とその対処法を知っておこう

結婚相談所ではさまざまなトラブルに合ってしまうかもしれません。

 

前もってどんなトラブルが起きるのか、さらにどういった対処法が適切なのか、といったことを把握しておくべきです。

 

こちらでは結婚相談所に登録し用途思っている方に向けて、知らなければいけない情報を発信します。

 

 

■追加料金発生のトラブルについて

 

・お見合い資料の更新料
・パーティー参加費用
・講習料

 

上記のような名目でお金を取られてしまうことがあります。

 

追加料金がある、といったことを把握しておかないと、いろいろと面倒になってしまいます。

 

結婚相談所を続けるのが負担になってしまうことも考えられますよね。

 

追加料金に関しては、前もってカウンセリングの時に必ず確認してください。

 

その時に聞いておけば、いずれどのような費用がかかる、といったことは把握できるはずです。

 

ちなみに、婚活パーティーの参加費用はその都度かかる、といったケースがほとんどです。

 

さらにお見合いセッティングごとにも費用がかかるものなので、1回辺りどのくらいの料金がかかるかは必ずチェックしておきましょう。

 

 

■サクラ会員ばかりで実際のお見合いに至ることが出来ない

 

・事前に結婚相談所の口コミをチェックする他ない

 

サクラ会員がいるかいないかは、なかなか素人には見抜けない、といった現状があります。

 

ですから、その結婚相談所に登録する前に、前もって口コミを調べておく、といったことが重要です。

 

口コミから、その結婚相談所にサクラがいるのか、それともいないのか、といったことが見えてくることもあるのです。

 

また、前もって会員権祭が出来るような結婚相談所であれば、写真をチェックするものおすすめです。

 

写真があまりにも綺麗な人が多かった場合には、サクラがいる可能性が極めて高くなります。

 

ネット上に転がっているタレント女性の写真を流用しているケースも多いんですよ。

 

 

■お見合いで紹介されていた方のプロフィールと実際の内容が異なっていた

 

・運営側に伝えること

 

運営側自体もしっかりと把握していない可能性があり、プロフとの違いが出ている可能性もあります。

 

まだ結婚をした経験もなく子供もいないはずだったのに、話を聞いてみるとバツイチで子供もいる、といったケースも有るのです。

 

そういったことがあった場合には、運営側にすぐに伝えて下さい。

 

確信犯であった場合には、そういった会員に対して運営側から処分がくだされることになります。

 

自分と同じような思いをしてしまう方を減らせるわけです。