20代前半の男女が結婚相談所を利用するメリットはあるのか?

20代前半から強烈な結婚意識がある男女も少なくありません。

 

しかし、出会いも少ないのであれば、結婚相談所の利用を考えなければなりません。

 

主に30代が利用者の中心である、結婚相談所を20代前半の男女が利用するメリットはあるのでしょうか。

 

詳しく調べてみました。

 

 

■20代前半男性の利用は成功しにくい

 

・給与面で女性側からマイナスと取られる可能性が高い

 

結婚意識がある女性は経済面をかなり重視しています。

 

経済的に問題がある男性には、あまり興味を示さないのです。

 

20代前半男性の給与は正社員であったとしても、300万円台が多いわけです。

 

多くの女性は、年収400万円以上を希望しています。

 

600万円以上を希望している女性も実際に多いのです。

 

20代前半である程度の稼ぎがある方であれば、それほどマイナスにはならないかもしれませんが、一般的な稼ぎであれば難しいことは確かです。

 

 

・年齢的に頼りなく見られてしまう

 

女性が男性に求めるところといえば、「頼れる存在」といったものがあります。

 

しかし、女性の結婚相談社の登録者の大部分は30代です。

 

20代前半の男性は、年齢的に頼りなく見られてしまうのもしかたのないところなのです。

 

20代前半で結婚相談所を利用して婚活を成功させたいのであれば、

 

「一定以上の稼ぎがあること(年収400万円以上)」
「頼りがいのある雰囲気があること」

 

の二つが重要になってきますよ。

 

 

■20代前半女性は人気になることもある!

 

・男性からチヤホヤされる機会は多い

 

20代前半の女性は、非常にモテます。

 

男性はとにかく若い女性が好きだからです。

 

ですから、結婚相談所に登録していれば、数多くアプローチされることは間違いありません。

 

ただし、注意して欲しいのが、結婚について本気で考えていないお誘いもあることです。

 

結婚相談所であればまだそのリスクは少ないですが、婚活サイトでは「とりあえず若い子にアプローチしてみよう」なんて考え方の男性もいます。

 

「アプローチされる回数が多い=婚活が成功しやすい」と思っていたら大間違いですよ。

 

 

・20代半ばから後半がベストである

 

20代前半の方ですぐに結婚したいといった気持ちがまだないのであれば、もう少し待ってください。

 

20代半ば以上になると真剣なアプローチも多くなります。

 

20代後半は特に結婚適齢期でもあるので、おすすめの結婚相談所の登録時期ですよ。