結婚適齢期に結婚したい!でも相手がいない。どうすれば?

女性でいえば20代後半、男性でいえば30歳前後が結婚適齢期と呼ばれています。

 

どうしても結婚適齢期と言われているうちに結婚をしておきたい、と思うものですよね。

 

もしも、結婚相手になってくれそうな人が身近にいない場合はどうすればよいのでしょうか。

 

その対策法について詳しく解説します。

 

 

■スピード感ある婚活ができるかが問題である

 

・合コンや婚活パーティーは適当ではない

 

男性で30歳、女性で28歳であれば、その時が結婚適齢期なのです。

 

2年後や3年後までは待ってはいられない、といった気持ちがあるケースも少なくありませんよね。

 

そこで注目して欲しいのが、時間がかかる婚活と時間がかからない婚活です。

 

例えば、合コンや婚活パーティーを選択してしまうと、結婚までに至らない可能性だってあるのです。

 

そもそも、その相手が結婚を望んでいるいかもわかりません。

 

恋人探しのために合コンや婚活パーティーに出席していることもあるわけです。

 

一方で、時間がかからない婚活もあります。

 

 

・結婚相談所が適当である

 

なぜ、結婚相談所がスピード感ある婚活が出来るのでしょうか。

 

それは、結婚を志望している方しか居ないからです。

 

恋人募集をしているわけではなく、付き合ったらそのすぐ延長線上に結婚がある、といった方ばかりなのです。

 

自分だけが結婚を希望しても相手が希望していなければ、全く意味がありませんよね。

 

合コンや婚活パーティーでは、その可能性も捨て切れません。

 

しかし、結婚相談所ではその心配はなく、より早い結婚が期待できるのです。

 

 

■結婚相談所は結婚をサポートしてくれる

 

・婚活コンサルタントが結婚を後押ししてくれる

 

合コンや婚活パーティーは付き合ったら、そこで終了ですよね。

 

主催している業者も結婚までサポートしてくれるわけではありません。

 

だからこそ、結婚する前に終わってしまうケースが少なくないのです。

 

一方で、結婚相談所には「成婚料」と呼ばれるものがあります。

 

無料化しているところもありますが、数万円から30万円程度もらえるケースも少なくありません。

 

その成婚料をもらうために、結婚相談所もしっかりとサポートしてくれるのです。

 

付き合ってからでもアドバイス業務は引き続き行っているので、まさに結婚するまでサポートしてくれるわけです。

 

付き合うまでのサポートの合コンや婚活パーティーに比べて、結婚相談所を利用すればいかに効率的に素早く結婚に至るかが分かってもらえたと思います。

 

結婚適齢期で焦っているそこのアナタは、結婚相談所を有効活用してください。