結婚相談所に登録するなら女性は若い子の方が得ですか?

結婚相談所に登録するにあたり、女性は年齢を気にしているケースが多いです。

 

よく聞くのが、30代になると圧倒的に婚活が難しくなる、といったものですよね。

 

20代でなければ婚活が成功しない、というような話もあるのです。

 

こちらでは、結婚相談所と女性の婚活の年齢の関係性をお話します。

 

 

■若い女性が人気になっているのは事実

 

・20代の女性が圧倒的に有利

 

30代の女性と20代の女性がいる場合には、男性は基本的に20代の女性が気になってしまいます。

 

若い女性の方に惹かれてしまうのは、男性の本能と言っても良いかもしれません。

 

自分の親に孫を見せてあげたい、といった気持ちもあるわけです。

 

また、30代の女性が婚活で振りになってしまう理由として、30代の女性が婚活の場に多すぎる、といった実態があります。

 

現在の平均結婚年齢は、女性でも30歳近くになりました。

 

30歳を過ぎてくると、周りも多くが結婚しだしてくるので焦って婚活を始めるのです。

 

その結果、30代の女性がわんさかと婚活サービスに登録している状態になります。

 

要は、年齢が高くなると、他の女性の中に埋没してしまうわけです。

 

20代の頃であれば、周りにそれほど同世代の女性が多くないので、目立つ、といったメリットもあります。

 

そこで考えなければならないのが、結婚相談所の利用と女性の年齢です。

 

30代では勝ち目がないのでしょうか。

 

 

■結婚相談所も若い子のほうが有利だが・・・

 

・結婚相談所であれば30代での勝ち目あり!

 

結婚相談所は、実は登録している方の年齢層が全体的に高めです。

 

ですから、30代前半であっても若い、と判断される可能性があるのです。

 

男性登録者の大半が、35歳から45歳であるので、30代なかばくらいまでの女性であれば自分よりも若い、といった状態になるわけですよね。

 

婚活パーティーなどには多くの若い女性が参加しているので、30代になると難しくなります。

 

しかし、舞台を結婚相談所に変えることで、その状況を変えることも出来るのです。

 

30代になって婚活がうまくいかなくなってきた、といったことを感じているのであれば、結婚相談所の利用を検討してみませんか。

 

いい結果が得られるかもしれませんよ。

 

ちなみに、ある程度若く見られる努力、といったことは必要です。

 

30代でも老けて見られてしまう場合と、若々しく見られる場合もあります。

 

服装にも気を使って、婚活に勝ち抜いていきましょう。