結婚相談所に登録している人の平均年齢は何歳ですか?

結婚相談所に登録している方の中に、自分が結婚相手として望んでいる年齢層の方がいるのか、といたことは非常に重要です。

 

結婚相手に求める条件として年齢はかなり大切な分野、といっても過言ではありません。

 

こちらでは、結婚相談所に登録している人の平均年齢はどれくらいなのか、といったことをお話します。

 

30代が中心、といったイメージが有るのですが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

 

 

■男性の結婚相談所の最も多い年齢層とは?

 

・30代なかばから45歳くらい

 

男性の場合は比較的高年齢層が多く登録している、といった実態があります。

 

女性よりは年齢による焦りといったものが少ないので、アラフォーくらいになって登録している方が多くなっているのです。

 

各婚活サイトにも取るのですが、35歳から45歳の年代が男性会員の約半数を占める、といったケースが極めて多くなっているのです。

 

たとえば、近年人気になっている楽天O-net(オーネット)の場合は、35歳から44歳までの会員数が49.6%であることを公表しています(集計時期によって違いあり)。

 

女性としては、アラフォーの男性と出会いたい、と思っている場合には結婚相談所の利用が極めて適切、といえます。

 

一方で、20代や30代前半の男性と出会いたい、と思っている場合には、ちょっと苦労してしまうかもしれません。

 

 

■男性の結婚相談所の最も多い年齢層とは?

 

・30歳から39歳が最も多い

 

男性と比べて比較的低い年齢層が多いことが分かっています。

 

そもそも、妊娠を考えると、やはり30代なかばからでは遅い、と感じてしまうのが女性なのです。

 

ですから、30歳くらいから結婚相談所を利用する、といったケースが多くなっています。

 

結婚相談所の30代の女性の比率ですが、各相談所によっても差がありますが、40%から50%にも登ります。

 

たとえば、パートナーエージェントの場合であれば、31歳から40歳の女性の割合は全体の65.4%にものぼることが分かっています(集計時期によって違いあり)。

 

男性であれば30代の女性との婚活を望んでいるのであればかなり利用しやすい、といった状態になっているわけです。

 

女性としては、30代で登録するのはあまりおすすめではない、と言えるかもしれません。

 

ライバルが多すぎるのです。

 

そういった時は、30代が比較的少ない結婚相談所を選ぶ、といったことも重要です。

 

たとえば、ツヴァイであれば、30代の女は全体の45.7%にとどまります。

 

各結婚相談所によっても割合は大きく異なっているので、登録前に確認しておきましょう。