結婚詐欺に注意!カモにならないための見抜き方のポイント

婚活サービスを利用していて最も恐ろしいことといえば、結婚詐欺にあってしまうことです。

 

ターゲットにされてしまわないようにするためには、相手をしっかりと見抜くことです。

 

こちらでは、結婚詐欺のカモにならないための見抜き方についてお話するので参考にしてくださいね。

 

 

■関係が深くなっていないのに結婚を打診してくる

 

・手を繋いだ程度で結婚の話が出てくる

 

婚活サービスを利用して出会ったからといって、いきなり結婚の話が出る、というのは少し異常です。

 

まずはお付き合いをして、その後に結婚の話が出てくるのが当たり前ですよね。

 

結婚詐欺師はとにかく目的の達成が重要なので、かなり早い段階で結婚話が浮上してきます。

 

1回から2回のデートで直ぐに結婚をする話になってきたら注意してください。

 

いきなり結婚話がきて舞い上がる事のないようにすべきです。

 

 

■仕事の話を聞いても中身を詳しく説明してくれない

 

・結婚詐欺師は仕事をしていない

 

彼らは詐欺をしてお金を得ているのです。

 

ですから、婚活サービスの利用時には、嘘の職業を語っています。

 

中には税理士や弁護士、そして医師やパイロットなどを名乗っていることもあるのです。

 

しかし、本当に働いているわけではないので、その職業に関する知識は薄いです。

 

いろいろ質問をしても、しっかりとした返答がなかった場合には、結婚詐欺師である可能性が出てきます。

 

相手の仕事についてある程度突っ込んだ質問をしてみましょう。

 

明確な答えが帰ってくる場合には安心ですが、曖昧な答えしか帰ってこなかった場合には、嘘の職業を語っている可能性が出てきます。

 

 

■写真を撮られたがらない

 

・SNSにアップされると困ることがある

 

肉体目的の男性によくあることですが、結婚しているのに、結婚していることを隠して婚活サービスを利用しているケースが多くなっているのです。

 

そんな場合は、SNSに女性と一緒に写っている写真がアップされてしまうのは大きな問題ですよね。

 

知り合いにバレてしまって、そこから不倫が発覚してしまうおそれがあるのです。

 

写真を極端に嫌がっている男性がいた場合には、結婚詐欺の可能性がある、と疑ってください。

 

 

■家族や知り合いに合わせてくれない

 

・詐欺師に知り合いはほとんどいないもの

 

足がついてしまうことを極端に恐れているのが彼らの特徴です。

 

ですから、深い関係を築こうとしません。

 

友人関係が殆どない、といった典型的な特徴もあります。

 

知り合いなどを紹介してくれない場合は、結婚詐欺師の可能性がありますよ。