今の日本の結婚平均年齢は何歳なのか?初婚年齢を調べてみた

晩婚化が社会問題になっており、不妊治療を受けているカップルが増えているのが現状です。

 

いまの日本の結婚の平均年齢は何歳なのでしょうか。

 

昔に比べてどれくらい上昇しているのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

 

 

■日本の平均初婚年齢について

 

【2013年の平均初婚年齢】
・男性:30.9歳
・女性:29.3歳

 

30歳前後で男女ともに結婚していることが分かっています。

 

この年齢を見て、「まぁ、そのくらいなんじゃないのかな」と思った方が多いと思います。

 

しかし、その30歳前後の初婚年齢ですが、昔と比べるとかなりアップしているのです。

 

しかも、よどみなく上昇し続けており、警鐘が鳴らされています。

 

【2010年の平均初婚年齢】
・男性:30.5歳
・女性:28.8歳

 

【2005年の平均初婚年齢】
・男性:29.8歳
・女性:28.0歳

 

【2001年の平均初婚年齢】
・男性:29.0歳
・女性:27.2歳

 

2001年から2013年にかけて、男性は1.9歳アップし、女性は2.1歳アップしているのです。

 

男性と女性の平均初婚年齢は、以前は開きがあったのですが、狭まっている点にも注目しなければなりません。

 

最近では、女性の社会進出が活発化しています。

 

そういった影響もこの女性の平均初婚年齢の急上昇が証明していると考えられます。

 

会社のシステムとしても、結婚して子供が出来た女性の再就職には乗り気ではありません。

 

だからこそ、今は仕事が大事と考えて女性の婚期が遅れてしまう、なんてこともあるのです。

 

 

 

■もっと昔の平均初婚年齢はどのくらいだったの?

 

・男性の平均初婚年齢が28歳を超えたのが1983年
・女性の平均初婚年齢が26歳を超えたのが1992年

 

実はバブル期に平均初婚年齢がかなりアップしているのです。

 

仕事の忙しさといったものが影響したのかもしれません。

 

また、日本中が浮かれており、遊びに若者たちが熱中していた時期でもあります。

 

結婚は二の次と思われていたフシもあります。

 

【1947年の平均初婚年齢】
・男性:26.1歳
・女性:22.9歳

 

いまと比較すると非常に若かったのが分かります。

 

当時は、まだ女性が大学まで行く、というのは非常に珍しいことでした。

 

学校を卒業して少し働き、すぐに嫁ぐといったことが当たり前だったのです。

 

また早く結婚できた理由として考えられるのが、仲介者の存在です。

 

当時はお見合い結婚がメインで仲介者によって紹介され、かなりの確率で結婚に至っていました。

 

いまの時代と違って、それほど結婚相手に対する選択性がなかったのです。

 

自由恋愛とは言いがたい時代でした。