離婚しにくい地域はドコなの?離婚率の低い都道府県とは

最近では、3組に1組の割合で離婚する、といわれているわけです。

 

たとえば、学校のクラスにシングルマザーやシングルファザーの子供がいる、なんてことはこの現代社会では珍しくなくなりました。

 

しかし、その離婚率にも、地域的な差があることがわかってきたのです。

 

離婚率が高い地域もあれば離婚率が低い地域もあります。

 

こちらでは地域と離婚率の関係性について徹底考察してみました。

 

 

 

■最も離婚しにくい地域はドコ?離婚率の低い都道府県ランキング

 

※離婚率は以下の計算式で表されます。
離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

 

・第1位・・・新潟県:1.41
・第2位・・・秋田県:1.42
・第3位・・・山形県:1.47
・第3位・・・富山県:1.47
・第5位・・・島根県:1.5

 

※2014年に公表されたデータによる

 

比較的新しいデータを元にランキングを作成してみました。

 

地方の都道府県が入っているのが分かります。

 

特に東北がランク入りしているのが気になるところです。

 

厳しい冬を耐えて暮らしているわけなので、忍耐力、といったものが付いているのかもしれません。

 

しかし、この仮説は次に紹介する離婚率の高い都道府県ランキングで覆されてしまうことになります。

 

もう一つの考え方として、地域社会がまだ残っている、といった考え方もあるかもしれません。

 

密接な地域社会で離婚するのも大変な労力です。

 

ご近所さんからの目もあるわけですよね。

 

 

 

■最も離婚しやすい地域はドコ?離婚率の高い都道府県ランキング

 

・第1位・・・沖縄県:2.59
・第2位・・・北海道:2.09
・第3位・・・大阪府:2.08
・第4位・・・宮崎県:2.08
・第5位・・・福岡県:2.04

 

多少西日本が多いのかな、といった印象もあるのですが、北海道も入っているのであまり地域性といったものは見つけにくいかもしれません。

 

ランキングで上位に入るケースが多い東京都ですが、こちらのランキングでは離婚しやすい第8位にランクされています。

 

ベスト5には入らなかったので、それほど離婚率に関しては特徴がありませんでした。

 

ただ、人口の多さも有るので、離婚件数ではダントツの1位となっています。

 

そして2位が大阪府なので、人口によって離婚件数の多さはランキングされることになります。

 

離婚率については沖縄が1位ですが、しかも圧倒的な離婚率であることにも注目です。

 

沖縄は若い人口が多く、若いうちに結婚するケースも非常に多いわけです。

 

その一方で、離婚への決断も早い、といったケースが多いのかもしれません。